주요 기사 바로가기

W杯招致“必勝シナリオ” 日本・カタール・米国脱落後に豪州と決選

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.02 11:37
0
「欧州の国際サッカー連盟(FIFA))執行委員9人のうち5人を引き込み、伝統的に韓国に友好的なアフリカ執行委員1-2人をつかむ。日本が途中で脱落すれば、親日派の南米1-2票を確保する。最後に日本・タイ・カタールなどアジア連帯を通して過半数(12票以上)を得る」。

2022年ワールドカップ(W杯)招致に向けた韓国の必勝シナリオだ。投票権を持つFIFA執行委員22人のうち過半数(12票以上)を得票した国がW杯を招致する。韓国招致委は1・2次投票で開催国が決定せず、3次または最終投票までもつれると予想し、段階別の戦略を立てた。

鄭夢準(チョン・モンジュン)FIFA副会長は先月30日夜(日本時間)、チューリヒで取材記者団と夕食を兼ねた懇談会を開いた。この席には招致委員会の幹部も出席し、状況分析に必要な情報を共有した。幹部らは「最終4次投票まで行けば韓国が招致する可能性が高い」と自信を表した。

最も多い9票を保有する欧州は、鄭副会長がきめ細かく準備してきたところだ。鄭副会長はチューリヒ入りする直前まで、仏パリでミシェル・プラティニ欧州サッカー連盟会長(フランス)に会って‘水面下選挙戦’を繰り広げ、先月29日に行われたプレゼンテーションのリハーサルを終えた後、ドイツへ渡り、フランツ・ベッケンバウアー執行委員に会った。欧州で5票を得られれば大成功だ。

アフリカも集中攻略の対象だ。カメルーン出身の理事ハヤトウ・アフリカサッカー連盟(CAF)会長は02年W杯招致当時も韓国を支持した親韓派だ。鄭副会長はザック・アヌマ(コートジボワール)とハニ・アボ・リダ(エジプト)も韓国に投票すると期待しているが、2人のうち1票でも得られれば成功と考えている。

固定票を確保した後は「途中で脱落した国の票」を素早く引き込まなければならない。過半得票国が出るまで最低得票国を一つずつ脱落させる方式で投票が行われるからだ。

日本が序盤に脱落した場合、伝統的に親日の南米票を引き込むという戦略を立てた。ニコラス・レオス(パラグアイ)は韓国に相当な好感を抱いていることが分かった。

最後に「アジア連帯」を通して画竜点睛をする。米国よりアジアでW杯が開催されるほうがアジア諸国の利益になるという論理で、該当国の執行委員を説得できる。ムハマド・ビン・ハマム・アジアサッカー連盟(AFC)会長(カタール)は最近、鄭副会長と‘戦略的提携’をした。ウォラウィ・マクディ委員(タイ)も鄭副会長と親しい。小倉純二委員(日本)の選択が関心を集める。

韓国招致委の関係者は「日本、カタール、米国の順で脱落した後、オーストラリアと決選投票をするのが最も望ましいシナリオ」と話した。

鄭副会長は韓国の2022年W杯開催の可能性について「満杯の50%」とし「残りの時間、まだ決心していない最後の一人まで誠実に説得すれば良い結果があるだろう」と語った。「満杯の50%」の意味を尋ると、鄭副会長は「韓国が(2カ国が残る)決選投票まで上がるという意味。最後まで残れば勝算はある」と予想した。


【今日のイチオシ記事】
・W杯招致“必勝シナリオ” 日本・カタール・米国脱落後に豪州と決選
・「いつもの挑発と判断」…軍、延坪島砲撃の兆候を確認していた
・‘新韓流スター’コン・ユ、日本で1万人マンモス級ファンミ
・菅首相、訪日する李大統領に「朝鮮王朝儀軌」渡す?
・中国、米国が渡した寧辺衛星写真を黙殺…10日後に北が核実験

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP