주요 기사 바로가기

近づく自動車とスマートフォンの関係、媒介はアプリ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.12.02 11:23
0



自動車とスマートフォンの関係がより一層強まっている。2つをつなぐ媒介が各種アプリケーションだ。あふれる車両関連アプリは、車両の管理は基本で、音楽・インターネット・ゲームなど多様なエンターテインメントプログラムを提供する。

現代(ヒョンデ)自動車は今年4月にiPhoneで使用できる「ツーソンixアプリ」を発売した。「ツーソンix」の車両情報だけでなく、多様なエンターテインメントを利用しながら同時にバッテリー残量を確認することができる。「作業の定石」サービスは若い層で大人気だ。つきあっている異性の趣味と好きな食べ物の情報を入力すれば現在の位置から最も近いデートコースと地図サービスを提供する。

起亜(キア)自動車は7月にアンドロイドフォンで使用できる「K5アプリ」を公開した。有事の際にドアとトランクを遠隔操作で開くことができる機能、走行中の運転状態を分析して燃費を高めることができるエコドライビング機能、駐車位置情報など20余りのサービスを提供する。先月には「フォルテ・ギャラクシータブアプリ」を発売した。無線であらゆる機器を連結するブルートゥース機能がある。走行距離に応じて消耗品交換情報も受けられる。

ルノー三星(サムスン)が6月に出した車両管理用アプリ「ドライビングケア」は実用性が高い。燃費情報、整備履歴、車両維持費、消耗品交換周期など車両管理のための多様な情報を提供する。アプリ専用ウェブサイトで簡単にアプリをダウンロードすることができるのも長所だ。

GM大宇(デウ)が4月に出したiPhone用アプリには自分の車の位置を探せる「私の車はどこに」機能がある。GM大宇は7月に営業社員用アプリを開発し、彼らがいつでもどこでも業務を処理することができるようにした。

双竜(サンヨン)自動車は「コランドC」(C200)の国内発売に合わせてアプリを発売する予定だ。韓国輸入自動車協会(KAIDA)もアンドロイドフォン専用アプリの「輸入車ガイド」を先月公開した。国内で輸入・販売されるすべての輸入車の情報とイメージを提供する。モデル同士の比較検索が可能で、ショールームとASセンターを簡単に探すことができる。
【今日のイチオシ記事】
・W杯招致“必勝シナリオ” 日本・カタール・米国脱落後に豪州と決選
・「いつもの挑発と判断」…軍、延坪島砲撃の兆候を確認していた
・‘新韓流スター’コン・ユ、日本で1万人マンモス級ファンミ
・菅首相、訪日する李大統領に「朝鮮王朝儀軌」渡す?
・中国、米国が渡した寧辺衛星写真を黙殺…10日後に北が核実験


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    近づく自動車とスマートフォンの関係、媒介はアプリ

    2010.12.02 11:23
    뉴스 메뉴 보기
    各種アプリケーションによって、自動車とスマートフォンの関係がより一層強まっている。
    TOP