주요 기사 바로가기

【NOW!ソウル】「JYJ」、ここにあり!

Copyright(c) KONEST2010.11.30 13:45
0
1/7



11月27~28日の2日間、東方神起のメンバーであるジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人によるグループ、JYJのソウル初公演「JYJ WorldWide Concert いn Seoul」が開催、成功裏に幕を下ろしました。最大級の芸能ニュースとして注目を集めた公演のようすをお届け!



零下の悪天候とハプニングにも関わらず、蚕室(チャムシル)オリンピック競技場には3万5千人もの観客が集結!8時にステージが始まると、東方神起のトレードカラーである真っ赤なペンライトが輝き、寒さを吹き飛ばしそうなほどの熱気で会場を包みました。



「Be my girl」「Empty」「Ayyy girl」などファーストアルバム「The Beginning」の収録曲をはじめ、「トキメキ☆成均館スキャンダル」主題歌の「見つけた」など、完成度の高いステージとなりました。また、メンバーがそれぞれ自分の好きな歌を披露するなど、ファンにはたまらないお宝ステージも!



ユチョンはソロ曲「I love you」をはじめ、「酔中真談(チジュンチンダム)」などを熱唱。ソフトなヴォーカルと爆発的な歌唱力でロマンチックな雰囲気を演出しました。



ジュンスはソロ曲「Empty」でオーケストラと幻想的なハーモニーを見せつけたのをはじめ、「Nine」「落ち葉(Fallen Leaves)」「Mission make it」など未発表曲を初公開し、ファンの熱い反応を得ました。



「Still in Love」で、ジェジュンは何と女性ダンサーとのセクシーダンスを披露!ファンのジェラシーの混ざった歓声が会場いっぱいに響き渡ったのは言うまでもありません。



「東方神起」ではない「JYJ」としての最初のコンサートとなったソウル公演。これから各国ツアーがスタートします。どのように発展していくのか、彼らの今後の歩みに注目が集まります。


【今日のイチオシ記事】
・あの日、F-15Kとミグ-23が空中戦になっていれば…
・平壌まで攻撃可能なクルーズミサイル、西海5島に配備へ
・在米韓国人科学者、委員会のミスでノーベル賞逃す
・「6カ国協議とは…あきれる…」 反中民心が爆発
・【社説】「言葉より行動」…それが国民の要求


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP