주요 기사 바로가기

「南北首脳会談推進も、北の過度な援助要求で白紙に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.11.30 11:06
0
韓国政府が昨年秋、南北(韓国・北朝鮮)首脳会談のために北朝鮮に接触したが、北朝鮮が巨額の見返りを要求したため白紙になったことが伝えられた。

英日刊紙ガーディアンは29日(現地時間)、暴露専門インターネットサイト「ウィキリークス(Wikileaks)」が公開した米国務省の外交公電を引用し、このように報じた。これは駐韓米国大使館が「機密(confidential)」文書に分類し、米国務省に報告したものだ。ウィキリークスは28日、今後数カ月間にわたり約25万件の米外交公電を暴露すると明らかにした。

報道によると、今年2月3日、当時の金星煥(キム・ソンファン)大統領室外交安保首席秘書官(現外交通商部長官)は、戦時作戦統制権延期問題を議論するためキャンベル米国務次官補(東アジア太平洋担当)に会った席で、南北首脳会談を推進した事実を明らかにした。

金首席は「韓国が南北首脳会談開催のために昨年秋、北朝鮮と接触したのは事実だが、北朝鮮が相当な規模の経済的援助を要求したため不発に終わった」と説明した。同紙は、金首席がこの席で「南北首脳会談をお金を渡して買うことは絶対にない」という青瓦台(チョンワデ、大統領府)の立場を明らかにした、と伝えた。

韓国外交部の関係者はこうした報道に関し、「他国政府の文書について韓国政府が言及するのは適切でない」という反応を見せた。


【今日のイチオシ記事】
・あの日、F-15Kとミグ-23が空中戦になっていれば…
・平壌まで攻撃可能なクルーズミサイル、西海5島に配備へ
・在米韓国人科学者、委員会のミスでノーベル賞逃す
・「6カ国協議とは…あきれる…」 反中民心が爆発
・【社説】「言葉より行動」…それが国民の要求

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP