주요 기사 바로가기

「三星電子のギャラクシータブ、メディア企業の新ビジネス創出に寄与」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.11.29 15:47
0



「タブレットPCのギャラクシータブは、メディア企業が事業を拡張し、新しいビジネスモデルをつくるのに寄与するはずです。 コンテンツの創出はもちろん、消費活動にも最も適した‘スーパーメディアディバイス’だからです」。

三星(サムスン)電子のユン・ハンギル常務は23カ国・約500人のメディア関係者の前で、メディア機器としてのギャラクシータブの長所と可能性をこのように力説した。世界新聞協会・国際メディア技術協会(WAN-IFRA)がシンガポールで24-26日に開催した「デジタルメディアアジア2010コンファレンス」でだ。

行事の最終日、「タブレット&eリーディング」セッションのテーマ発表をしたユン常務は「ギャラクシータブの使用者は、新聞・雑誌・図書・漫画はもちろん、各種専門報告書までも一つに集めた‘リーダーズハブ’と映画・ドラマなどを包括する‘メディアハブ’を通して、グローバルコンテンツに簡単に接近できる」と説明した。

スーツの内ポケットに入れて生活できるほど小さくて軽いうえ、駆動速度が速く、ユーザー中心の機器操作環境を具現した点も強調した。コンファレンス出席者はアップルのアイパッドとギャラクシータブを集中比較するなど大きな関心を見せた。

英フィナンシャルタイムズのマッケイ・アジア太平洋地域社長は「ギャラクシータブ(画面対角線の長さ7インチ)はiPad(9.7インチ)より携帯しやすく、出張が多いビジネスマンに人気を呼ぶだろう」と予想した。 さまざまな入力機能やマルチタスキング能力などスマートワークプラットホームとして遜色がないとも語った。

WAN-IFRAのノルトクビスト理事は「ギャラクシータブは印刷メディア親和的な技術が多く含まれ、伝統メディアに魅力的な機器」と評価した。

今回のコンファレンスを総括したWAN-IFRAのジェイコブ副社長は「ハードウエアとソフトウエア、コンテンツ間の融合が至上課題の今、ユン常務のテーマ発表が三星電子とWAN-IFRA間の緊密な協力の契機になることを望む」と述べた。

ギャラクシータブは発売から1カ月余りで世界30カ国で約70万台が売れるなど人気を集めている。 米国の市場調査会社ガートナーは「来年のメディアタブレット市場は最大5480万台になるだろう」と予測した。 また2013年にはギャラクシータブなど7インチ製品がメディアタブレット市場の大勢になると展望した。
【今日のイチオシ記事】
・【社説】世界10位の経済大国で「サウナ難民」とは…
・「韓国を軽視?」…内容のない中国の“重大発表”
・「無慈悲な打撃を」…北が韓米連合訓練を猛非難 ミグ機も出動待機
・“造船最強国”韓国、今年は中国を下回る
・韓国軍が誤射事故…北朝鮮に落ちるところだった


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「三星電子のギャラクシータブ、メディア企業の新ビジネス創出に寄与」

    2010.11.29 15:47
    뉴스 메뉴 보기
    26日、ギャラクシータブ関連の発表をしている三星電子のユン・ハンギル常務(写真=三星電子)。
    TOP