주요 기사 바로가기

韓・中 「キムチ・マッコリ」標準づくりへ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.11.22 11:59
0
韓国と中国がキムチとマッコリ(濁酒)の基準づくりに合意した。

保健福祉部の陳寿姫(チン・スヒ)長官と中国衛生部の陳竺(チン・ジク)部長は21日、済州(チェジュ)で開かれた韓・中・日保健長官会議で食品基準調和協力覚書(MOC)に署名した。 この覚書は ▼食品基準専門家協議会の定例化 ▼汚染物質・微生物・食品添加物などに対する食品基準の合理的調和 ▼食品基準の科学的根拠づくりに向けての共同研究の推進--が盛り込まれている。

福祉部のチョン・ユンスン国際協力担当官は「この覚書をもとに、キムチ類やマッコリなどの非殺菌発酵食品に対する合理的基準づくりが行われる予定なので、中国への輸出活性化が期待される」と話した。 陳長官と陳竺部長は細川律夫厚生労働大臣との会議を終えた後、共同宣言文(Joint Statement)を採択した。 3国はこの宣言文で、新種伝染病に対する共同対応を強化し、食品問題が発生した際には相手国に速かに知らせることにした。 また発展途上国における母子保健の改善に向けて協力法案を引き続き模索していく方針だ。 陳長官は日本と少子化・高齢化政策の経験を交換し、定期的に実務者会議を開催することにした。 陳長官はこの日の記者懇談会で「喫煙率減少に向けて、世界保健機構(WHO)とタバコ価格の適正水準に関する代案を模索していく」と話した。


【今日のイチオシ記事】
・台湾「テコンドーの判定、韓国とは無関係」
・「韓米FTA、妥結できなければ韓国車が“第2のトヨタ”に…」
・KARA・ビッグバン、紅白に出場?
・訪朝したヘッカー氏、「建設されたばかりの遠心分離器1千個見た」
・韓国人、性転換美人コンテスト優勝


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP