주요 기사 바로가기

OECD「韓国、来年4.3%成長」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.11.19 09:55
0
今年の韓国経済の成長率は6.2%、来年は4.3%成長すると、経済協力開発機構(OECD)が予想した。OECDは今年5月、韓国経済の成長率を今年5.8%、来年4.7%と予測していた。今年は当初の予想以上に成長し、来年はやや鈍るということだ。

OECDは18日に発表した「2010世界経済展望」で、韓国経済が潜在成長率水準に近づいていると診断した。雇用が速いペースで増え、失業率はすでに金融危機前の水準である3.5%前後に低下している。

OECDは「財政政策は中期財政計画に出ている統合財政収支縮小目標を達成するのに集中し、金融政策は政策金利を正常化するのがよい」と助言した。金融政策について「景気循環局面を考慮すれば、通貨水準は異例に緩和されている状態」と表現した。韓国銀行(韓銀)は7月に政策金利を0.25%引き上げたが、実質金利は依然としてマイナス状態にあると分析した。韓銀の今月の利上げは報告書の作成に反映されなかった。

OECDは、ウォン高が進んでインフレ圧力の緩和につながると分析した。また、今年は内需が大きく回復し、国内総生産(GDP)比の経常収支黒字規模が09年の5.2%から今年は3%に低下すると見込んでいる。

輸出に大きく依存し、家計負債が多い点が韓国経済の弱点と指摘された。韓国の輸出の3分の1を占める中国の変数に留意する必要がある、という分析も出てきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP