주요 기사 바로가기

G20ソウル宣言採択…李大統領「期限を決めたのは進展、為替戦争から抜け出した」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.11.13 09:15
0
主要20カ国・地域(G20)首脳が為替問題解決策として経常収支を一定範囲で管理するというガイドラインを来年6月までに準備することにした。また競争的な自国通貨切り下げを自制することにした。

12日に閉幕したG20ソウル首脳会議で、参加国は最大懸案である為替問題を解決するため、このように合意した。これは韓国の提案によるもので、「ソウルイニシアティブ」と呼ばれる。

また、韓国は1997年の通貨危機の経験をもとに、国際通貨基金(IMF)が複数の国を同時に支援できる制度の準備を主導した。同時多発的な経済危機に効果的に対処しようという趣旨だ。

G20で初めて本格的に扱われた開発議題では「均衡成長のためのソウルコンセンサス」が導き出された。韓国が60年代の産業化経験を土台に引き出したのだ。

李明博(イ・ミョンバク)大統領はこの日の閉幕記者会見で、「為替とともにバランスが取れた経常収支を維持するよう、ガイドラインの樹立と具体的な推進日程に期限付きで合意したのは素晴らしい進展」とし「ひとまず為替問題は、よく使われている言葉の ‘戦争’から抜け出した」と述べた。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP