주요 기사 바로가기

日露戦争で自沈した「ワリャーグ」の旗、ロシアに貸与

ⓒ 中央日報日本語版2010.11.12 17:00
0
11日午後2時30分、仁川(インチョン)港第1埠頭。 106年前に仁川沖で沈没したロシア巡洋艦「ワリャーグ」の旗が、儀仗隊の儀式の中でロシアに貸与された。今回の式典は、仁川港に入港した軍艦「ワリャーグ」の上で行われた。

日露戦争当時、日本軍の攻撃を受けた後、自沈を選択した「ワリャーグ」の精神を受け継ごうという意味で、今回入港した軍艦にも「ワリャーグ」という名前が付けられたという。この軍艦の旗も106年前の旗と同じデザインだった。

ベグロフ大統領特使は「ワリャーグの旗の貸与は仁川とロシアの友好交流に大きく寄与するはず」「100年以上もワリャーグの旗をよく保管してくれた仁川に感謝している」などの言葉を繰り返した。

仁川市とロシア側は、今後、ロシアに保管中の大韓民国独立運動史資料、韓半島の地理・歴史関連資料の現況に関する調査と国内貸与展示を進行することにした。 また国立モスクワ大学とサンクトペテルブルク大学の分校を仁川に設置することも積極的に推進することにした。

しかし、1904年に仁川沖で韓半島・中国侵略のために日本と戦争をし、韓国国民の膏血を絞ったその軍艦と同じ名前の軍艦が、106年が過ぎた今、仁川港に停泊し、そこで旗貸与式典が開かれたことに対し、「屈辱的だ」という声も出ている。
【今日のイチオシ記事】
・【社説】漁船にぶつかるまで艦艇のレーダーは寝ていたのか
・ジェジュンの一言に日本列島が「韓国語」熱風
・現代自の新型「アバンテ」、走行中に出火し爆発
・李大統領「米国民は三星・殂G電子製品の部品が米国製であることを知るべき…」
・<野球>林昌勇、ヤクルト残留が有力


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP