주요 기사 바로가기

三星vsアップル…IT市場で大激突

ⓒ 中央日報日本語版2010.11.05 10:40
0
三星(サムスン)電子は4日午前、タブレットPC「ギャラクシータブ(Galaxy Tab)」のメディアデーイベントを開いた。同じ日、アップル側もノートブック「マックブックエア」を発表、近くiPad(アイパッド)も発表する計画であり、両社の競争は避けられない見込みだ。

三星電子はスマートフォン市場で始まった両社の競争構図がノートブック市場に拡張するのを懸念している。三星電子ノートブックの韓国内シェアは50%を上回るが、アップルのノートブック市場はわずか1けた。しかし昨年1-3月期4000台にすぎなかったアップルPCの販売量は、今年4-6月期には3倍以上に増えた。

アップルの最高経営者(CEO)スティーブ・ジョブズ氏は「マックブックエアはフラッシュストレージを選択した新世代ノートブックの最初の走者」とし「マックブックエアの驚くべき反応性と移動性は、私たちが今まで持っていたノートブックに対する考え方を変えるだろう」と述べた。

三星電子も9月初め、ドイツ・ベルリンで開催された「IFA2010」展示会に曲線を強調したノートブックSFシリーズを出した。10月からはSFシリーズを国内市場に出し、対抗態勢に入っている。

三星電子とアップルの競争はいまやスマートフォン、タブレットPCなどを越えてデジタル機器全体に拡大している。アップルは9月、「アップルTV」を発表し、三星電子が不動の1位を維持しているTV市場に挑戦状を出した。三星電子も年末「ギャラクシープレーヤー50」を出す予定で、アップルのiPodが主導するMP3プレーヤー市場を狙っている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP