주요 기사 바로가기

大鐘賞映画祭、ユン・ジョンヒが16年ぶりに女優主演賞受賞

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.30 12:04
0



映画女優のユン・ジョンヒが29日に開催された第47回大鐘賞映画祭授賞式で、「詩」で女優主演賞を受賞した。ユン・ジョンヒは1994年に「マンムバン」で女優主演賞を受賞しており、16年ぶり2度目の受賞となった。李滄東(イ・チャンドン)監督の「詩」は、最優秀作品賞、シナリオ賞、男優助演賞(キム・ヒラ)と合わせ4冠の栄誉に輝いた。「詩」は詩を書くことに挑戦した老齢の女性が孫のために人生の危機を迎えることになるという内容だ。5月に第63回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞している。ユン・ジョンヒは「45年の映画人生で韓国映画の証人の大鐘賞を受賞することになった。このように美しい作品でまた賞をもらい感無量だ」と感想を述べた。

監督賞は「黒く濁る村」でベテラン監督の底力を見せた康祐碩(カン・ウソク)監督に、男優主演賞は600万の観客を動員した「アジョシ」でカリスマあふれるアクション演技を見せたウォンビンに贈られた。「房子伝」で映画界の新星として浮上したソン・セビョクは「詩」のキム・ヒラとともに男優助演賞を受賞した。女優助演賞は「下女」で高い評価を受けたユン・ヨジョン、新人賞は「風」のチョン・ウ、「シラノ:恋愛操作団」のイ・ミンジョンが受賞した。イ・ミンジョンは人気賞も同時受賞した。新人監督賞のトロフィーは下半期にブームを巻き起こした「キム・ボクナム殺人事件の顛末」のチャン・チョルス監督の手に渡った。ベテラン俳優のシン・ヨンギュンとチェ・ウンヒはそれぞれ「誇らしい映画人大賞」と功労賞を贈られた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大鐘賞映画祭、ユン・ジョンヒが16年ぶりに女優主演賞受賞

    2010.10.30 12:04
    뉴스 메뉴 보기
    第47回大鐘賞映画祭で女優主演賞を受賞したユン・ジョンヒ。
    TOP