주요 기사 바로가기

【コラム】李健熙三星会長が成功した本当の理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.27 17:58
0
「李健熙(イ・ゴンヒ)」という名前を聞くと何が思い浮かぶだろうか。 2010年の李健熙ではなく、27歳の李健熙を思い浮かべる人はほとんどいないだろう。 この本は27歳の李健熙を語ることで、あなたも2010年の李健熙になれることを書いている。

経営に関する内容、または成功した最高経営者(CEO)の自慢と考えているなら、それは違う。 この本は自慢話ではなく、すべての会社員に必要な自己啓発書だ。 私がこの本を読みながら、自己啓発は誰にも絶対に欠かせず果てしないということを悟ったように、シンソン産業の職員にもこの点を悟ってほしかった。 27歳の李健熙が自己啓発のために注いだ努力・時間と同じくらい努力すれば、10年後には会社のCEOになれるということを言いたかった。 このため『27歳の李健熙のように』を全社員に配り、感想を聞いた。

また職員と面談して自己啓発に使っている時間がどれほどかを尋ねた。 家族と友人、自分の楽しみのために使う時間は多くても、自分の未来のための自己啓発に使う時間は非常に不足していることを知った。 多くの職員がこの本を読んで自己啓発に対する意志を燃やし、具体的な計画を立てて実践する姿を見るようになった。 自己啓発での核心は実践にあるため、大きな満足感を感じた。また、より多くの動機付与、自己啓発のための支援をすることを決心した。

この本は、平凡だった李健熙が成功した理由は、現実感覚、成功観念、本当の勉強を土台にした自己啓発にあると伝えている。 20代後半から40代半ばまで李健熙は毎日狂ったように勉強をしたという。 早朝から晩まで李秉喆(イ・ビョンチョル)会長を補助しながら現場で経営を勉強し、退勤後には当時の東洋放送社長だったホン・ジンギ社長のカリキュラムに基づき、法律・憲法・商法・会社法・歴史・外国語・政治・常識などを勉強した。 機械を購入し、分解して組み立てるなど技術知識も積んでいった。 またその分野の最高の専門家を招いて、12時間、20時間ずつ連続で講義を聞きながら勉強した。 こうした李健熙の勉強は副会長になってからも、三星(サムスン)グループの会長になってからも続いた。 02年に初めて三星がソニーを抜いた時、祝杯をあげるよりも、社長団と「50時間連続会議」をしたほどだ。

多くの自己啓発書がそうであるように、この本も未来を準備し、何でもできるという成功観念を持てという、誰もが知っていることを語っている。 それでも常に初めてのように決意させるのは、私たちが自ら変化しようという気持ち、それを必ず行動に移すという気持ちだ。 自分が夢見る生活を送るためには自分が変わらなければいけないという最も基本的な話は、いつ聞いても新しい。 何よりも27歳ごろの新入社員には必ず伝えたい話だ。

曺圭式(チョ・ギュシク)シンソン産業・O’COCO社長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP