주요 기사 바로가기

現政権で初めての北朝鮮コメ支援「人道主義薫風」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.26 10:37
0
25日の朝鮮向け水害支援を皮切りに、南北赤十字会談と金剛山離散家族再会が今週相次いで行われる予定で、南北関係の薫風につながるのではないかとの観測が出ている。政府と大韓赤十字社は25日午後、仁川(インチョン)港からカップめん300万個を北朝鮮に送った。中国・丹東港を経て28日ごろには8月に水害被害を受けた新義州(シンウィジュ)地域住民らに配られると統一部は説明している。

この日群山(クンサン)港を出港しようとしていたコメ5000トンは天候悪化により延期されているが、早ければ1~2日以内に出発できるとみられる。コメ支援は2008年2月の李明博(イ・ミョンバク)政権発足後初めてという点で象徴的な意味が大きい。北朝鮮が要請したセメント1万トンは29日に出港する。総額139億ウォンの北朝鮮向け物資提供費用のうち86億ウォンは統一部が管理している南北協力基金から、残り53億ウォンは政府の糧穀特別会計から充当される。大韓赤十字社を前面に出した救援物資だが、事実上は政府支援の提供だ。

26日に開城の子男山(チャナムサン)ホテルで開かれた南北赤十字会談は、韓国側の北朝鮮支援に北朝鮮がこたえる形で実現した。人道的救護物資提供に対し北朝鮮が出すことができる離散家族再会拡大問題などを取り扱う席という点からだ。赤十字会談は昨年8月以来1年2カ月ぶりだ。再会定例化と規模拡大など李明博政権が要求してきた事案に北朝鮮がどれだけこたえるかがカギだ。

30日には離散家族再会行事が後に続く。30日から来月1日まで3日間にわたり北朝鮮が選抜した97人が韓国側家族と会い、3日から5日までは韓国側で選ばれた99人が北朝鮮に置いてきた家族と再会する方式だ。当初はそれぞれ100人ずつだったが、韓国側1家族と北朝鮮側3家族がキャンセルした。北朝鮮は当初の使用不可の立場を変え、離散家族面会所を開放することにしており、雰囲気はよい方だ。

こうした状況展開から、3月の天安艦事件以来崖っぷちに立たされていた南北関係に雪解けムードがただよっているとの指摘も一部から出ている。北朝鮮は先月4日に水害物資提供を韓国側に要請し、3日後には拿捕された漁船と船員7人を解放した。また先月10日には離散家族再会を提案するなど韓国への融和攻勢を取っている。

しかし政府は天安艦挑発を認め謝罪がなければ当局間対話など関係回復は難しいとの立場だ。北朝鮮へのコメ支援も人道的支援の次元であるだけで、拡大解釈を警戒している。政府当局者は、「北朝鮮の相次ぐ対南融和のジェスチャーは天安艦問題での守勢局面を脱皮しようという意図。再会行事後ドル稼ぎのため金剛山観光再開を韓国側に圧迫してくるものと予想される」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP