주요 기사 바로가기

韓米、今月末の空母参加連合訓練を中止

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.25 10:07
0
韓国と米国が今月末に西海岸で実施することを検討していた韓米連合空母打撃団訓練が中止になる見通しだ。

政府消息筋は24日、「連合母艦打撃団訓練は当分ないだろう」とし「米国の空母が参加する訓練は年内には実施されないとみる」と述べた。

韓米は北朝鮮の天安(チョンアン)艦攻撃に対する連合訓練の一環として、今月末に米第7艦隊所属の空母「ジョージ・ワシントン」が参加する空母打撃団訓練を実施することを検討してきた。

この消息筋は「9月27日から今月1日まで西海(ソヘ、黄海)上で大潜水艦訓練を行ったので、今月にまた大規模な訓練を実施するのにはさまざまな条件上の制約がある」とし「当分は東海(トンヘ、日本名・日本海)・西海上での連合訓練は実施されないだろう」と述べた。韓米は今月末に西海万里浦(マンリポ)で行う予定だった両国海兵隊の大規模上陸訓練も、主要20カ国・地域(G20)首脳会議後の11月末に延期した。

韓米が年内に空母が参加する連合訓練をしないのは、G20首脳会議開催に向けたムード醸成のためと解釈される。G20行事を控えた時期に、空母が参加する大規模な軍事訓練で中国や北朝鮮を刺激しないということだ。

国防部の関係者は「空母打撃団訓練の実施に関し、米国側と時期や参加戦力について具体的な協議がなかった。前回の連合訓練と同じように、今後実施される訓練についても韓米が事前に緊密な協議をした後、細部訓練計画を発展させていく」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP