주요 기사 바로가기

携帯電話のハングル入力技術特許を開放

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.22 17:00
0
KT(旧韓国通信)と三星(サムスン)電子は携帯電話のキーボード用ハングル入力技術特許を開放することにした。 これを受け、政府と業界のハングル入力技術の国家・国際標準化作業に弾みがつく見込みだ。

21日の放送通信委員会によると、「ナラックル」特許権者のKTと「チョンジイン」特許権者の三星電子は、この技術の使用権を携帯電話製造会社に無償提供する計画だ。 これに先立ち18日には、「チョンジイン」共同特許権者のチョ・グァンヒョンIDN社長が該当技術を政府に献納すると明らかにした。

携帯電話のハングルキーボードは南北(韓国・北朝鮮)で異なるのはもちろん、韓国内でもさまざまな方式が使用されている。 国内携帯電話機のハングルキーボード使用は▽天地人55%▽ナラックル20%▽パンテックSKY14%▽モトローラ▽その他11%--。

このため最近、中国内の中国同胞を中心とする朝鮮族新式学会は、携帯電話ハングル入力方式を単一化する作業に乗り出した。 これが伝えられると、国内では知識経済部技術標準院を中心に国家標準化作業が始まった。 これに伴い、ハングルキーボード特許権者が相次いで技術の開放を宣言し始めた。 各自の技術が広く普及すれば、その技術が国家標準になるうえで有利に働くからだ。

情報技術(IT)機器のキーボード国際規格は国際電気通信連合(ITU)の電話機英文標準と国際標準化機構(ISO)のPCキーボード英文標準が制定されている。

【今日のイチオシ記事】
・自転車からチェーンが消えた…世界で初めて開発に成功
・<野球>FAの裴英洙に日本球団が関心
・「韓国が嫌い」医師が北朝鮮亡命を試みる
・「キム・テヒ、日本に本格進出宣言」
・「黄長ヨプを差し出せ」…北朝鮮が大使館を包囲


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP