주요 기사 바로가기

「米国ドラマの中の漢江は小川」…韓国歪曲深刻

ⓒ 中央日報日本語版2010.10.21 12:30
0
米ドラマの中で韓国の姿に対する歪曲現象が深刻だ。

国会外交通商統一委員会所属洪政旭(ホン・ジョンウク)ハンナラ党議員が21日、外交通商部国政監査で▽清渓(チョンゲ)川の橋以下の漢江(ハンガン)大橋▽ベトナム帽(ノン)をかぶった韓国人漁夫▽日本式さかずきに注いで飲む焼酎▽北朝鮮歌謡が流れるコリアタウン--など米国ドラマの中に現れた歪曲された韓国の姿を公開した。

洪議員の紹介した米国ドラマは「ロスト」「24」「CS:」など、すべて米国で1回当たり1千万人以上が視聴し、韓国はもちろん全世界に輸出され、数億人の視聴者を確保した最高人気ドラマだ。

まず韓国人女優が登場してイシューを集めた「ロスト」の場合、韓国を描いた場面がよく登場するが、漢江が村の小さな小川水準で、漢江大橋は小川の上に置かれた古い橋のように描写されている。

同時に今は見られない帆掛け船が浮かび、漁夫はベトナムの伝統帽をかぶっているなど、韓国漁村の姿には見えない場面も登場している。

特に「CS:」というドラマでは米国内韓人タウンを背景にしたエピソードで、北朝鮮労働党に対し忠誠するという内容が入っている北朝鮮歌謡がBGMで登場する姿も出ている。

洪議員はこれについて「大衆文化のおびただしい波及力を思ったら世界人の脳裏にめりこんだ大韓民国は、G20や原発誘致よりはこのように大衆文化の中にある歪曲された姿」だとし「外交部はソフトパワー外交と文化外交を強調することから脱して世界の人たちの脳裏に良い国家のイメージを残すための実質的な努力を講じなければならない」と注文した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP