주요 기사 바로가기

【取材日記】「与党がするなら不倫、民主党がすればロマンス?」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.21 12:01
0
5月、非正規職を取材した中、家政婦のキム某さん(58)に会った。夫と死別したキムさんは1日9時間ずつ洗濯と掃除をし、日割りで7万ウォンずつもらっている。「19歳から40年近く働いたが、娘を嫁がせても残るものがなかったので、また始めた」とし「いくら仕事をしてもお金のある親をもつ人には付いていけなかった」と訴えた。

民主党盧英敏(ノ・ヨンミン)議員の20代の息子が国会副議長室で4級相当秘書官に特採されて働いていたという話が伝わった20日。インターネットなどではキムさんのような虚脱感を訴える就職準備生が並んでいる。今年大学院を卒業したイ・ナウンさん(26、女)は「お父さんのおかげで4級秘書官に採用されれば、死ぬ気で勉強してきた人は何になるのか」と述べた。

就職準備生の間で国会は人気職場の一つだ。国会ホームページ議員室採用公告には求職者たちでごった返す。ある議員室9級秘書職採用公告は20日現在1500件を超すクリック数を記録した。国会4級相当秘書官の年俸は税金基準で6千万ウォンを超える。盧議員はスポークスマン時代、政府、与党に向けて物静かながらもするどい批判をしたことで有名だ。そんな盧議員が今回、与・野党関係なく責められている。市民団体自由主義進歩連合は「盧議員は息子の特恵論難に答えよ」と要求した。ハンナラ党は論評で「公正社会は他の人々がすべきことで、自分は特権社会に向かうという姿勢は矛盾だ」と批判した。進歩新党キム・ジョンチョルスポークスマンも「野党自ら公正な定規をあて、正すことは正して反省しかなければならない」と皮肉った。

しかし民主党はこの日「慣例」という言葉で論難をただ避けようとした。朴智元(パク・チウォン)院内代表は記者たちと会って 「国会は慣例的に補佐官や秘書官などを推薦に基づいて議員責任下に採用している」と言った。私の家族をかばうことが人の常とはいえ守らなければならない線はある。

金台鎬(キム・テホ)前総理候補者の聴聞会と柳明桓(ユ・ミョンファン)前外交部長官の娘の特採波紋の際の民主党は抽象的な定規をあてた。

民主党が100万人の青年失業者たちを心配する公党なら「与党がすれば不倫で、民主党がすればロマンス」という世間の批判を何度もじっくり考えてみるべきだ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP