주요 기사 바로가기

外国人に韓国文化紹介…火曜無料講座を開設

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.20 16:25
0
韓国に暮らす外国人に韓国の文化・伝統を理解してもらうための講座が始まった。

韓国国際交流財団(理事長キム・ビョングク)は19日から11月23日までの「2010駐韓外国人のための韓国文化講座」シリーズを開設した。場所はソウル巡和洞(スンファドン)韓国国際交流財団文化センター。 全5回の講座が毎週火曜日午後7時に開かれる。 土曜日(10月30日、11月6日)午後2時からは北村踏査、伝統公演観覧などの文化体験も予定されている。

駐韓外国人のための講座シリーズは07年から始まった。 その間、主に韓国の歴史・社会・政治・映画などが扱われたが、今年は文化芸術に焦点が合わされた。 韓国の美術・建築・音楽などだ。

「韓国の美術I:青磁から仏画まで-高麗時代美術概観」(ロンドン大学シャーロット・ホリック・ロンドン大教授)、「韓国の美術II:近現代美術」(ハ・ゲフン檀国大教授)、「韓国の建築III:韓屋、その類型と美学&嘉会洞(カフェドン)踏査」(ハン・ピルウォン韓南大文化芸術大学院教授)、「韓国の音楽I:国楽の現在と未来」(イ・ヨンシク国立国楽院研究室長)、「韓国の音楽II:伝統と現代の伽椰琴」(キム・ヒソン国民大教育大学院教授)など。

講演は無料で、英語で行われる。 11月6日の伝統公演観覧費用は参加者本人の負担となる。 参加を希望する外国人は韓国国際交流財団文化センターホームページ(www.kfcenter.or.kr)を訪問するか、hykim@kf.or.krに電子メールを送ればよい。 問い合わせは(02)2151-6531。

【今日のイチオシ記事】
・近づく「習近平時代」…負担になる日本
・【時視各角】ウォン高に備える時
・亡命前の黄長ヨプ氏「金正日暗殺のために武器をくれ」
・現代・起亜車5車種、中国で品質満足度1位
・「韓国の為替政策への批判、多少の誤解がある」…野田財務相が釈明


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP