주요 기사 바로가기

ホンダコリア「円高で部品輸入多角化進める」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.20 08:49
0
「乾いたタオルをさらに絞る心境だ。円高が進みコストと経費の削減に乗り出している。他の日本車メーカーと同様に、(海外の工場で生産された車を輸入する)輸入先多角化も検討中だ」。ホンダコリアの鄭祐泳(チョン・ウヨン)社長の言葉だ。19日にソウル・大峙洞(テチドン)のイベントスペース「Kring」でハイブリッドカー「インサイト」の発表会を開いた席でこう述べた。

「インサイト」の価格は基本タイプが2950万ウォン(約213万円)、高級タイプの「インサイト・プラス」が3090万ウォンに決まった。トヨタのハイブリッドカー「プリウス」の3790万ウォンより20%ほど安い。鄭社長はこれについて、「インサイトの競合はプリウスではなく、2000万~3000万ウォン台のガソリン車。ハイブリッドカーは互いにシナジー効果を出しながらともに生き延びなくてはならないとみている」と話した。

【今日のイチオシ記事】
・近づく「習近平時代」…負担になる日本
・【時視各角】ウォン高に備える時
・亡命前の黄長ヨプ氏「金正日暗殺のために武器をくれ」
・現代・起亜車5車種、中国で品質満足度1位
・「韓国の為替政策への批判、多少の誤解がある」…野田財務相が釈明


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP