주요 기사 바로가기

日本が100年かけても失敗したマツタケ人工繁殖、韓国で成功

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.19 08:44
0
マツタケの価格が少し安くなりそうだ。不可能と考えられてきたマツタケの人工繁殖に成功したからだ。

山林庁傘下の国立山林科学院微生物研究チームは、江原道洪川(カンウォンド・ホンチョン)の国有林で人工栽培したマツタケの採取に成功したと18日、明らかにした。ここに人工的に菌株を移してから7年ぶりだ。

マツタケが生えたところに幼いマツを植え、このマツの根に菌を感染させた後、これを大きなマツがある山に移して植えるという「マツタケ感染苗」方法。日本は100年以上の研究の末、1980年代に感染苗方式の人工栽培技術を獲得した。しかしキノコ1個を生産しただけで、持続的な生産には失敗した。

今回の研究が注目されるのは、マツタケ菌が生き残った比率(活着率)が20%を超え、持続的な生産が可能だと考えられるからだ。ひとまずマツタケ菌がマツ林に定着しさえすれば、30年以上採取が可能だと、山林庁は明らかにした。

【今日のイチオシ記事】
・国の顔に泥を塗る「korea」アプリケーション、積極的に対応すべき
・日本が100年かけても失敗したマツタケ人工繁殖、韓国で成功
・「韓国の若い世代のマナーは国際的水準に」
・オム・ジウォン、目立つドレスを着た理由
・「羅老号失敗、政策的責任糾明を」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP