주요 기사 바로가기

韓電-日本住友商事、UAE発電所を共同受注

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.19 08:15
0
韓国電力公社と日本の住友商事がアラブ首長国連邦(UAE)で、アブダビの大型複合火力発電所建設・運営事業を共同受注したと、日本経済新聞が18日報じた。韓電もこの日午後、「発注会社の要請で発表を引き延ばしてきた内容」とし、これを確認した。

総事業費1500億円規模のこの事業は、年末にUAE政府との正式契約を終えて開始される。出力160万キロワットのこの発電所は2013年から稼働する予定だと、同紙は伝えた。両社はこの事業のために合併法人を設立する計画で、持ち株比率は住友商事が韓電より大きくなる見込み。

【今日のイチオシ記事】
・国の顔に泥を塗る「korea」アプリケーション、積極的に対応すべき
・日本が100年かけても失敗したマツタケ人工繁殖、韓国で成功
・「韓国の若い世代のマナーは国際的水準に」
・オム・ジウォン、目立つドレスを着た理由
・「羅老号失敗、政策的責任糾明を」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP