주요 기사 바로가기

欧米人「三星は日本企業じゃないの?」

ⓒ 中央日報日本語版2010.10.18 10:17
0
欧米の市民の多くが韓国の代表的企業の三星(サムスン)を日本企業と認識していることがわかった。

国会知識経済委員会所属のハンナラ党李商権(イ・サングォン)議員が大韓貿易投資振興公社(KOTRA)から提出を受けた2009年度の国家ブランドマップ調査によると、米州人の42%、欧州人の27.7%が三星を日本企業と認識していた。三星が中国企業と認識していたケースは米州人の17%、どこの国かわからないという人も5.2%に達し、全体の64%が三星が韓国企業であることを知らなかった。韓国企業と知っていた人は35.9%にすぎなかった。欧州人も44.3%が三星を日本企業や中国企業と認識していた。アジア地域だけが三星を韓国企業と認識している人が80%に達した。

一方、国家イメージを項目別に調査した結果をみると、韓国は躍動性と先端技術で5点満点の3.57点と3.50点と高い点数を取ったが、国際社会への寄与度は3.16点で、中国の3.28点、日本の3.76点に比べ低い点数にとどまった。

【今日のイチオシ記事】
・欧米人「三星は日本企業じゃないの?」
・【社説】金利据え置き後に懸念される副作用
・豪華遊覧船で訪韓の中国人44人が済州で失踪
・「日本、朝鮮王室儀軌の年内韓国返還は絶望的」
・秋山成勲、UFCで2連敗の屈辱…「情けない」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP