주요 기사 바로가기

中国ハッカー、大使の実名盗用して韓国機密文書を抜き出す

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.15 13:01
0
外交・安保業務を担当する公務員たちに中国ハッカーらが青瓦台関係者や外交部大使の実名で偽装したハッキング電子メールを送って保安資料などを抜き取った事実が国家情報院の公文書を通じて確認された。

14日、国会国防委所属ハンナラ党李貞鉉(イ・ジョンヒョン)議員は、国情院が今年の初め政府各機関に送った「最近ハッキングメール流布事例および対応方法通報」という公文書を手に入れて公開した。

この公文書で国情院は「最近、外交・安保業務関係者および海外公官、駐在員などを対象に政府人事実名偽装ハッキングメールが流布してPCおよびUSBなど外装型保存装置の資料の切り取りを試みる事例が継続して発生している」と警告した。

国情院は実際にどんなハッキング電子メールが出回ったのかという事例も公文書に記した。青瓦台A行政官、外交通商部B大使の名前を盗用した電子メールが外交・安保ライン勤務者に発送され、これらハッキング電子メールには「プリチャード(米国の韓半島専門家)訪朝結果ブリーフィング」「201韓半島情勢展望関連」「金正日訪中日程」などの文書が添付されていたというのだ。

国情院は添付文書を開く場合「ハッキングプログラムに感染され、保管資料が全量流出される被害が発生する」と警告した。イ議員側は「少なくない保安資料が流出されたものとみられる」と明らかにした。実際にイ議員はハッキング電子メールを通じて流出されたものと推定される国防部関連報告書2種類を中国ハッカーたちから入手したと明らかにした。

国防部がハッキング電子メールによる攻撃が続くと被害を分析するため「ハングルウイルス型分析報告」という報告書を作成したが、この報告書までハッカーたちの手に移り、イ議員が同じ報告書を中国ハッカーたちから入手した。また、国防部が2002年三星SDSに用役を依頼した軍の人事関連報告書も中国ハッカーたちから確保した。



【今日のイチオシ記事】
・金正男「天安艦は金正恩の仕業」 父に抗議…KBS報道
・日本から「市場介入批判発言」謝罪も…韓国は‘渋顔’
・「ハングルの世界化」を叫びながら入力方式はまちまちとは
・米国F-16澏撃…実戦のような空中戦
・巨人渡辺会長「李承ヨプは放出対象」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP