주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】「中国ハクサイ」の中に隠されたFTAメッセージ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.14 11:13
0
中国産ハクサイが私たちの食卓の火を消す消防士の役割を果たした。ハクサイ波紋が広がる中で緊急輸入された中国産ハクサイが需給不安感を解消するのに寄与したのだ。韓国政府が12日から27%(大根は30%)だった基本関税を年末までの輸入分に限り0%に引き下げた結果だ。

中国産ハクサイでキムチを作った家庭では、今どう感じているだろうか。中国産ハクサイを有り難く思っているだろうか。それとも「中国産ハクサイは味が落ちる」などと愚痴をこぼしているだろうか。

断片的な感想を越えて、もう少し違う視点で中国産ハクサイの中をのぞいて見てはどうだろうか。私は今回輸入された中国産ハクサイの中には、遠からず現実化される韓中自由貿易協定(FTA)のメッセージが隠れていると見ている。たとえ年末までという時限付きであるとはいえ、中国産農産物に無関税が適用される‘類似FTA状況’が生じたからだ。

政府が中国産のハクサイとダイコンに関税率0%を適用したが、どの農家もどの農民団体も抗議したという話は聞こえてこなかった。あたかも韓中FTAが実現したかのように、中国産ハクサイが堂々と韓国の食卓の1カ所を占めた。

韓中FTAを支持しようという立場でも、とにかく反対しようという主張でもない。どうせFTAを締結するのなら、中国産ハクサイキムチをかみながら、この機会に韓中FTAの最も敏感な問題である農産物開放問題を真剣に一緒に考えてみようということだ。

中国産ハクサイの無関税輸入は2つの視点で考えることができる。まず中国農産物が韓国の需給調節と価格安定にかなりの純機能を果たすというプラスの側面だ。韓国人の味覚に近い‘韓国型ハクサイ’を中国で栽培し、韓国で供給が不足すれば適時に安く供給を受けられるというのはどれほどよいことだろうか。ある公職者は「これが本当の韓中善隣関係だ」と評価したという。

しかしこれとは違う側面もある。私たちの食卓が中国農産物に長期間安定的に依存できるのかという疑問も避けられない。中国メディアはハクサイを抱きながら感激する韓国人主婦の写真を大きく報道した。中国の政策当局者も韓国のハクサイ波紋に注目しながら算盤を弾いている。

なぜか。中国の年間ハクサイ生産量は1億トンにもなる。「キムチなしには生きていけない」と歌まで歌う韓国のハクサイ生産量(約250万トン)の40倍だ。韓国のハクサイの種を持って行って中国で生産した‘韓国型ハクサイ’だけで年間50万トンと推測される。中国がやり方しだいでは韓国市場をいくらでも手玉に取れるということだ。

中国は数年前までレアアース(希土類)を安値で輸出してきた。価格競争力で劣る米国・オーストラリアの鉱山が閉鎖されると、中国はここぞとばかりにレアアース輸出を減らし、価格が暴騰した。冷酷な市場論理だ。

ハクサイ波紋を契機に、中国農産物の潜在的な影響力を改めて確認することができた。これと同時に、韓中FTAを控えて最も敏感な農産物分野でもう少し緻密かつ多角的な対応戦略が必要であることを、中国産ハクサイは教えてくれている。

チャン・セジョン北京特派員



【今日のイチオシ記事】
・【グローバルアイ】「中国ハクサイ」の中に隠されたFTAメッセージ
・政府、日本の‘市場介入’発言に強力抗議
・韓国車の安全度、世界レベルに
・ユ・ジテ「オールドボーイ撮影当時に性交渉しないと宣言」
・平壌でもハンバーガーが人気…予約なければ食べられず

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP