주요 기사 바로가기

「ハングルが中国のもの?」小説家の李外秀が怒りの書き込み

ⓒ 中央日報日本語版2010.10.12 10:39
0
最近中国が、朝鮮族が使っている朝鮮語を自国の言語だと主張しており、ネットユーザーらが中国の歴史研究プロジェクトの「東北工程」になぞらえ「ハングル工程」だとして激しく反発している。また小説家の李外秀(イ・ウェス)氏もツイッターを通じて、「万里の長城や天安門をわれわれのものと言い張るのと変わらない」と強く批判した。

李外秀氏は11日に自身のツイッターに、「ハングルがうらやましいのか」「中国という泥棒がこれを盗もうとする魔手を露骨に示している」と怒りの書き込みを掲載した。

一方、中国政府は最近朝鮮族が使用する朝鮮語を自国の言語だと主張し、「朝鮮語国家標準ワーキンググループ」を構成してスマートフォン、タブレット型コンピューター、パソコンキーボード用朝鮮語入力標準とソースコード、地域識別子の4種類の標準策定に着手したことがわかり議論を呼んでいる。



【今日のイチオシ記事】
・李大統領「檀君以来、韓国が世界経済に寄与するのは初めて」
・金正男「北朝鮮の3代世襲に反対」
・「ハングルが中国のもの?」小説家の李外秀が怒りの書き込み
・F1コリアインターナショナルサーキット、国際検査を通過…「グレードA」取得
・G20のためにKARA、少女時代らアイドルが結集


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP