주요 기사 바로가기

炭素税の適正税率、1リットル当たり34-96ウォン推定

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.07 16:32
0
炭素税を導入する場合の適正税率は1リットル当たり34-96ウォン(約25-75円)と推定される、という結果が出てきた。

国会企画財政委員会所属の金星坤(キム・ソンゴン)議員(民主党)は5日、企画財政部に対する国政監査で、こうした内容の租税研究院最終報告書の要約を公開した。

租税研究院は報告書「エネルギー税制改編と排出権取引制研究案」で、「二酸化炭素排出権の平均予想価格を25ユーロ(約3万1328ウォン)と仮定し、エネルギー源別炭素排出量を勘案して適正税率を算出すると、類種別に34-96ウォン(1リットルまたは1キロ当たり)になると推定される」とし「この場合、税収は年間8兆5000億ウォンとなる」と明らかにした。
【今日のイチオシ記事】
・「詩人の高銀氏、ノーベル文学賞有力候補」
・KTX・ソウル~釜山、来月から2時間18分で運行
・韓国製100点、日本製103.8点、中国製62.8点
・日本進出 KARA、1週間で5万1千万枚…100%韓国語
・日本の記者「EU、アジア最初のFTA相手国になぜ韓国?」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP