주요 기사 바로가기

移動電話料金認可制、OECDでは韓国が唯一

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.07 10:06
0
韓国は経済協力開発機構(OECD)国家のうち唯一、移動電話料金認可制を実施中で、相対的に料金が高いため、これを改善する必要がある、という指摘が出た。

国会文化体育観光放送通信委員会所属の安亨奐(アン・ヒョンファン)議員(ハンナラ党)は6日、国政監査資料を通して「韓国通信市場は速いペースで発展しているが、政府の政策は過去を踏襲している」とし、このように主張した。

安議員の調査によると、韓国を除いたOECD国家は、移動電話の小売り市場を規制しない国が多く、規制があるとしても価格上限制だけを施行している。固定電話も韓国・ギリシャ・スウェーデンだけが認可制を施行中だ。

安議員は「政府はすでに00年と07年にOECDから移動電話を含む料金認可制度廃止の勧告を受けたが、これを反映していない」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・「詩沐の高銀氏、ノーベル文学賞有力候補」
・KTX・ソウル~釜山、来月から2時間18分で運行
・韓国製100点、日本製103.8点、中国製62.8点
・日本進出 KARA、1週間で5万1千万枚…100%韓国語
・日本の記者「EU、アジア最初のFTA相手国になぜ韓国?」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP