주요 기사 바로가기

「国宝」朝鮮王朝実録めぐり愚問愚答

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.10.06 11:56
0
5日、国会文化体育観光放送通信委員会の文化財庁に対する国政監査の場でのこと。すでに国宝に指定された朝鮮王朝実録(国宝第151号)をめぐり議員は「どうしてまだ国宝と指定しなかったのか」と問い詰め、被監査機関長も国宝に指定されたことを知らず、あきれた光景が演出された。

朝鮮王朝実録(五台山史庫本47冊)は2006年7月、日本から返還され、その年9月、国宝に指定された。ところがこれを知らない民主党崔鐘元(チェ・ジョンウォン)議員が声を荒げた。

◆崔議員=朝鮮王朝実録は今、国宝なのか。国宝に指定されたか。

◆李健茂(イ・ゴンム)文化財庁長=まだ(国宝)指定手続きが進行中だ。

◆崔議員=文化財庁が努力もせず…。民間人たちが2006年に血の汗を流して返還を実現させた朝鮮王朝実録に何の関心もないことではないか」

これまで文化財庁の実務者が李庁長にメッセージを伝達した。李庁長に国宝に指定されたことを伝えたのだ。

李庁長は「私が誤解していた。実録47冊は2009年7月に国宝に指定されている」と訂正した。すると崔議員は矛先を変え「文化財庁長が国宝に指定されたかも知らなかったのか」と問い詰めた。李庁長は「私が2007年の状況をよく知らず、申し訳ない」と陳謝した。しかし李庁長の解明も誤った内容だった。国政監査場の周辺では「国宝・宝物を管理する文化財庁長も質問をする国会議員も基本常識さえもっていなかった」という声が聞こえた。


【今日のイチオシ記事】
・中国産白菜は糞尿肥料で栽培?
・キム・ヨナ、新コーチピーター・オペガード氏との出会いは?
・リュ・シウォン、26日に結婚…来春にはパパに
・日本軍から与えられた‘鯨肉’、実際は朝鮮人の‘人肉’だった
・現代車「ソナタ」、米国の衝突テストで「5ツ星」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP