주요 기사 바로가기

天安艦が沈没した西海で韓米対潜水訓練

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.09.26 10:28
0
韓国と米国は27日から10月1日まで5日間の日程で西海(ソヘ、黄海)で連合対潜水艦訓練を実施すると、合同参謀本部が24日明らかにした。

合同参謀の関係者は「今回の訓練は5-9日に行う予定だったが、台風9号の北上で延期になった」とし「北朝鮮の挑発抑制と総体的な韓米連合対潜水艦戦能力向上および両国の相互運用性強化レベルで準備された」と述べた。

今回の対潜水艦戦訓練は3月の天安(チョンアン)艦事件以来2度目の韓米連合海上訓練となる。両国は7月25-28日、東海(トンヘ、日本名・日本海)上で米空母「ジョージ・ワシントン」が参加した中、「不屈の意志」訓練を行っている。

合同参謀と韓米連合軍司令部によると、訓練は格列飛列島沖を含む西海上の韓国軍作戦区域で行われるという。合同参謀の関係者は「今回の対潜水艦戦訓練では敵の潜水艦侵入に備えた戦術と技術、対応を演習する。両国軍兵力1700余人が高難度の自由攻防戦訓練や潜水艦追跡訓練を実施する計画」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP