주요 기사 바로가기

フォード・トヨタ・現代・起亜車…火がついたロシア市場(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.09.24 15:54
0
人口1億4000万人のロシアがグローバル自動車企業の激戦場に浮上している。 現代(ヒョンデ)自動車は21日(現地時間)、ロシアのサンクトペテルブルクに年産15万台の大規模の工場を竣工した。 ここが故郷のプーチン首相も行事に出席した。 すでにこの地域で工場を稼働している米ゼネラルモーターズ(GM)は最近、職員の数を2倍に増やした。 しばらくロシアでの販売が停滞していた日本企業もシェア拡大に乗り出している。

◇予告された‘グローバル血闘’=20日午前のサンクトペテルブルク。 市内中心街からタクシーで1時間ほど走ると、年産6万台規模のGM工場(GMアフト)が姿を現した。 シボレー・オペルブランドの4車種を生産するところだ。 この工場は今年の夏、職員700人を追加で採用し、職員を1500人に増やした。 2交代勤務も始まった。 景気が回復し、注文が増えているからだ。 ボイチャロワ広報担当者は「6月に出したニューアストラの場合、1万5000台の注文がたまっている」と述べた。

市場が回復する中、競争も激化している。 ロシア自動車市場は現地企業アフトヴァースの「ラーダ」が1位ブランド。 2-5位は外国ブランドのシボレー(GM)、起亜(キア)、ルノー、現代(ヒョンデ)が占めている。

ボイチャロワ広報担当者は「ロシアは世界で自動車企業の競争が最も激しい国の一つ」とし「フォード・フォルクスワーゲン・ルノー・トヨタと韓国の現代・起亜車がライバル」と話した。 日本企業も傍観しているわけではない。 日産ロシアの広報責任者は「経済危機の間、韓国車が低価格と挑戦的なマーケティングで有利な地位を確保したのは事実」とし「しかし危機から抜け出した後は日本企業もシェアを回復している」と述べた。




フォード・トヨタ・現代・起亜車…火がついたロシア市場(2)

【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮「他人に頼る経済は罪悪」…金正日訪中後に自立経済を強調
・ソウルに1時間当たり100ミリの水爆弾…スーパー都市洪水
・軍施設撮影した日本人を逮捕「船長逮捕の報復措置か」/中国
・キム・ヨナ、オーサーコーチと決別後に広告好感度3位にダウン
・日本とは領土、米国とは為替レート…中国の‘2つの戦争’


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP