주요 기사 바로가기

【社説】広がる新種麻薬…根絶対策が急がれる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.09.20 11:08
0
韓国はもう麻薬の安全地帯ではない。大麻・ヒロポンなどすでによく知られた麻薬類のほか、相対的に価格が安く幻覚効果はもっと強い新種麻薬がこの数年間、急速に広まっている。搬入経路もますます多様化している。特に海外インターネットサイトに注文した物が国際郵便で密搬入されるケースが急増しているという。今年上半期に、税関の取り締まりで見つかった麻薬類は104件(81億ウォン相当)で、前年同期に比べて51%も増えたというのが関税庁の集計だ。

一部に限られた麻薬投与の悪習慣がそれだけ広まったということであり、深く懸念される。実際、子どもたちに英語を教えるネーティブスピーカー講師が常習的に麻薬を服用して摘発されたり、若者がよく行くクラブが麻薬流通の中心地に浮上するなど、麻薬が私たちの生活の中に深く入り込んでいることを示す危険信号は一つや二つでない。麻薬は個人の体と心を亡ぼすだけでなく、家族や社会を破壊する毒薬という点を誰もが改めて考えなければならない時期だ。

こうした次元で、国民健康の責任を負う医者が金儲けに目がくらみ、睡眠麻酔剤プロポフォールを麻薬代用品の用途で投与したことは、厳重に処罰しなければならない。この薬は乱用すればマイケル・ジャクソンの場合と同じように生命まで奪ってしまう。このような副作用を知りながらも、原価の数十倍を受けて投与したというのだから、医師と呼ばれる資格さえもない。

一部の有名芸能人を含む利用者も自覚しなければならない。まだプロポフォールは麻薬に指定されていないため処罰対象ではないと安心することではない。しばらく疲労を忘れようという軽い気持ちから、中毒による禁断症状で廃人になり、命まで失いうることを肝に銘じる必要がある。このように新しい麻薬と麻薬代用品が次々と登場し、国民の健康を脅かす事態に対し、当局はより効率的、積極的に対処する必要がある。麻薬法律違反者に対する取り締り強化はもちろん、中毒者のためのリハビリ治療システムもよりいっそう拡充しなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP