주요 기사 바로가기

韓国自殺率1位は女性・事務従事者

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.09.14 11:37
0
昨年の死亡者のうち自殺者が占める割合が最も高い職業は、事務従事者であることがわかった。

特に女性事務従事者死亡者3人のうち1人の死亡原因は自殺であることがわかった。

14日、統計庁によると昨年15~64歳人口の死亡者は7万4千347人で、このうちの自殺者は1万1251人で15.1%だった。

職業別自殺者の割合は事務従事者が18.5%で最も高く、サービスおよび販売従事者17.4%、専門家および関連従事者(16.1%)、無職、家事、学生(15.1%)、管理者(14.2%)、装置・機械操作及び組立従事者(13.9%)、単純労務従事者(13.4%)、技能員及び関連技能従事者(13.2%)、農林漁業従事者(9.3%)の順だった。

女性の職業別自殺者の割合を見ると事務従事者が33.3%で最も高く、唯一、がん死亡者の割合(32.0%)より高いことがわかった。続いて専門家及び関連従事者(27.2%)、サービス及び販売従事者(26.7%)、技能員及び関連技能従事者(24.5%)、管理者(23.8%)の順で自殺者の割合が高かった。

男性の職業別自殺者の割合も事務従事者が15.8%で最も高く、サービス及び販売従事者(15.1%)、無職、家事、学生(14.0%)、装置・機械操作及び組立従事者(13.9%)、専門家及び関連従事者(13.5%)、単純労務従事者(13.4%)、管理者(13.1%)が後に続いた。

一方、昨年自殺による死亡者はともに1万5413人で2008年より2555人(19.9%)増え、平均34分ごとに1人ずつで自ら命を絶ったことが明らかになり、経済協力開発機構(OECD)会員国のうち自殺率が最も高かった。
【今日のイチオシ記事】
・「読売のキム・ジョンウン映像は誤報、韓国外交官の息子」
・「金正日総書記、胡錦濤主席に会って後継者認定に相当な成果」
・在日同胞の主要株主4人「李伯淳銀行長は退くべき」訴訟
・朴泰俊ポスコ名誉会長、徴用被害者裁判の証人に
・<大リーグ>昨日までは野茂の後ろに朴賛浩、今日からは朴賛浩の後ろに野茂


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP