주요 기사 바로가기

韓国、34分に1人自殺…OECD国家で最多

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.09.10 11:41
0
昨年1日平均死亡者数は677人だった。全体の半分ほどはがん、脳血管疾患、心臓疾患で死亡した。自ら命を絶った人は1日平均42人だった。酒が原因で死亡した人は1日12人だった。

9日、統計庁によれば昨年の死亡者は24万6942人で前年より829人が増えた。男性の死亡者は13万7736人、女性の死亡者は10万9206人と、それぞれ804人と25人増加した。1日平均死亡者数は676.6人で前年の672.4人(2008年は366日)より4人以上多くなった。人口10万人あたり死亡者数は497.3人で前年比0.9人減った。

昨年、3大死亡原因はがん(28.3%)、脳血管疾患(10.5%)、心臓疾患(9.0%)で全死亡者の47.8%を占めた。昨年、がんによる死亡率は人口10万人あたり140.5人だが、原因別では肺がん(30人)、肝臓がん(22.6人)、胃がん(20.4人)の順だった。

自殺による死亡者は1万5413人で2008年より2555人(19.9%)増えた。1日平均42.2人、平均34分に1人が自ら命を絶ったわけだ。自殺死亡者も全体の6.2%で死亡原因4位だった。人口10万人あたり自殺件数を計算した自殺死亡率は31人で2008年より19.3%増えた。これは経済協力開発機構(OECD)会員国のうち最も高い。OECD平均は11.2人にすぎない。

お酒(アルコール)関連死亡者数は4430人で、前年に比べ、5.1%減った。アルコール関連死亡率は男性が16.1人で女性(1.7人)の8.47倍だった。


【今日のイチオシ記事】
・「YFソナタ、米国でホンダアコードを超える」…8月の販売1107台差に
・「私もあなたがキライ」中国外交官、潘基文総長にからむ
・韓国の国家競争力は22位…3年連続で下落
・新韓銀行のビッグ3が名古屋で舌戦…結局は取締役会の表決へ
・在日同胞代表株主「新韓事態、責任を負うべき人が負えばよい」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP