주요 기사 바로가기

一日で統治者が変わった100年前の痛み

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.08.28 10:11
0
1/2
韓日併合前日に純宗が授与した最後の勲章



一日の間に統治者が変わった国に生きた100年前の民の心痛を表す資料が発掘された。

書誌学者のキム・シハン氏(79、キョンアン書林代表)は、1910年8月28日に純宗が授与した叙勲賞状と、翌日の8月29日に寺内正毅統監が授与した孝行賞状を27日に公開した。大韓帝国と日本が強制併合条約を締結する前日と当日、克明な対照をなす遺物だ。

1910年8月28日に韓日強制併合勅令が公布される一日前に、漢城昌徳宮(チャンドックン)で純宗が最後に授与した叙勲賞状は右下部分が一部焼けているが、内容ははっきりと確認できる。最近発行された賞状は多数保存されているが、8月28日に純宗が出した賞状は貴重な資料だ。賞状の真ん中の印が国璽、その上に見えるのは純宗の親筆だ。



これに対し1910年8月29日、韓日強制併合勅令が公布された当日に大韓帝国侵奪の行動隊長だった寺内正毅統監が表彰した孝行賞は日本語が併記されている。明治43年(1910年)と表記され、日本を象徴する菊の模様、統監印章が見える。

古文書専門家のパク・テホン氏は「皇国植民に転落した朝鮮人の日常生活史、歴史を眺められる貴重な資料」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP