주요 기사 바로가기

韓国、赤字脱出後OECDで唯一の6期連続黒字国

ⓒ 中央日報日本語版2010.08.25 15:30
0
 韓国はグローバル金融危機当時、国際収支赤字に陥ったが、その後6四半期連続で黒字を記録した唯一の経済協力開発機構(OECD)国家であることが25日、明らかになった。

OECDの四半期別国際収支統計によると、韓国はグローバル金融危機が始まった08年7-9月期に75億ドルの国際収支赤字を出したが、その後6期連続で黒字となり、堅調に回復していると分析された。

08年7-9月期に国際収支赤字を記録した後、6期連続で黒字を記録したOECD加盟国は韓国が唯一だった。 それほど韓国は最悪のグローバル危機を製造業の輸出競争力で着実に乗り越えてきたと解釈できる。

韓国のように6期連続黒字のOECD加盟国は日本を含めて9カ国だが、これらの国はグローバル金融危機中またはそれ以前から大規模な黒字国だった。

今年1-3月期の国際収支現況を見ると、日本が502億ドルの黒字でOECD加盟国のうち最も多く、ドイツ(397億ドル)、スイス(206億ドル)、ノルウェー(147億ドル)、オランダ(125億ドル)が100億ドルを超える黒字だった。

韓国は1-3月期、12億8000万ドルの黒字で、オーストリア(14億8000万ドル)、チリ(13億ドル)に次いでOECD加盟国のうち11位だった。 OECD32加盟国のうち今年1-3月期の国際収支黒字国が12カ国にすぎないという点を勘案すると、韓国の成績表は良いほうだ。

半面、米国は今年1-3月期、1090億ドルの赤字だった、スペイン(234億ドル)、イタリア(194億ドル)、英国(150億ドル)も大幅の赤字となった。

企画財政部の関係者は「韓国がOECD国家のうち最も速くグローバル経済危機を抜け出せた原動力は輸出」とし「輸出好調で今年下半期にも黒字が続くだろう」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・キム・ヨナが心境吐露…「4年間、問題がなかったわけでない」
・莁フィギュア>‘クジラ争い’の最大被害者はクァク・ミンジョン?
・北朝鮮、平壌近郊に兵力・火砲を大規模展開
・羅老号、3回目打ち上げめぐり韓露で意見対立
・KARA、広告業界からラブコール殺到/日本


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP