주요 기사 바로가기

「強制併合は悪い」…韓国79%、日本20%

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.08.23 08:18
0
中央日報・日本経済新聞が共同意識調査

「韓日国民の過去の歴史に対する認識の差は大きい。しかし両国国民間の距離感はかなり縮小され、両国政府が積極的に努力すれば韓日の未来は明るい」。

中央日報と日本経済新聞が韓日強制併合100年を迎え、両国国民を対象に共同で電話質問調査をした分析結果だ。

韓日強制併合について韓国では「悪かった」という回答が78.9%だった。しかし日本では「悪かった」は20%にとどまり、「悪い点もあるが良い点もあった」(60%)という回答が多かった。

植民地支配に対する日本の謝罪については韓国では82.4%が「謝罪が不十分または謝罪をしていない」と答えたが、日本では「謝罪した」(47%)が「謝罪していない」(15%)を大きく上回った。

しかし現在の韓日関係については両国ともに「良い」が「悪い」よりも多かった。日本人は韓国を米国・中国の次に、韓国人は日本を米国・中国・北朝鮮の次に重要だと考えている。

特に日本の天皇が両国の友好と理解増進のために1-2年以内に韓国を訪問することについては、両国で多数(韓国58%、日本48%)が賛成した。強制併合100年をきっかけに過去を清算し、明るい未来をつくることを希望する両国国民が多いと解釈される。

韓日自由貿易協定(FTA)締結についても、両国で相当数(韓国66%、日本65%)が必要だと考えた。両国の政府と政治家がこれをうまく解決すれば、両国の明るい未来のための基盤が構築されると期待される。

相手国を訪問した人たちと若者層では、お互いを理解し、好感が強まると調査され、若者層の交流が重要だと分析された。しかし対北朝鮮政策については韓国人は対話、日本人は制裁を重視した。
【今日のイチオシ記事】
・統一費用を恐れるな
・日本企業14社、MEMS共同開発へ
・【ニュース分析】「脱北も、防空網の穴も伏せよう」…朝中が一致?
・境界線を越えた韓相烈牧師を逮捕
・「フランス人医師2人が今躌初め訪朝、金正日を精密検査」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP