주요 기사 바로가기

韓国自殺率、OECD2位「40分に1人自殺」

ⓒ 中央日報日本語版2010.08.18 11:59
0
1990年代以来、大部分の経済協力開発機構(OECD)国家の自殺率が着実に減少した一方、韓国だけ自殺率が急激に増えている。

18日、統計開発院の用役報告書によると2008年自殺による死亡者数は1万2千858人だ。1日平均35人、40分ごとに1人ずつ自ら命を絶っていることになる。

自殺はがん、脳血管疾患、心臓疾患に続き死亡原因4位だが、10年間、がんを除けば最も高い増加率を見せた死亡原因だ。

OECD国家と比べると韓国男性は人口10万人当たり32.0人が自ら命を絶ち、ハンガリー(36.3人)の次に高い自殺率を見せ、女性は13.2人で最も高かった。

伝統的に自殺率が高いオーストリア、フィンランドなどは着実に減少する一方、韓国はOECD国家のうち相対的に低い自殺率を見せる中1990年代中盤以降、自殺率が増加し、最近は最高の自殺国家となった。


【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮が‘統一税’猛非難…「急変事態を念頭に置いた不純な妄言」
・【社説】増える中国観光客…来すぎても心配だとは
・現代・起亜車、カナダで3カ月連続トヨタの販売台数上回る
・米国、イラン制裁対象に「メルト銀行ソウル支店」含める
・三星5製品がヨーロッパで最高製品に選定


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP