주요 기사 바로가기

【社説】多発する子どもの自殺、原因も分からないとは…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.08.17 17:25
0
 勉強の負担は経済協力開発機構(OECD)加盟国でトップ、反対に幸福の順位は最下位。 韓国の青少年の現実だ。 昨年と今年の調査によると、1週間の勉強時間は49.43時間で、OECDの平均(33.92)を大きく上回っている。一方、主観的な幸福指数は65.1点で、平均(100)を大きく下回る。 幸福指数項目を詳細に見ると、「生活に満足している」という子どもは半分にすぎない。 6人に1人は「寂しい」「所属感がない」と答えた。 大人は暇さえあれば「勉強しろ」と言うだけで、子どもたちの精神的な健康を考えない。

その結果、10代の自殺率も高まっている。 教育科学技術部によると、昨年、自殺した小中高生は初めて200人を超えた。 前年に比べて47%も増えた。 家庭の不和、成績悲観、異性問題、いじめなどが理由だが、「原因不明」も29%にのぼった。 子どもが死ぬ決心をするほど苦しんでいるにもかかわらず、周囲の大人はそれに気づかなかったということだ。 青少年の精神健康に対する家庭と学校の無関心が数多くの死をほう助したといえる。

最善の予防策は疎通だ。 子どもが急激な身体的・精神的変化を経験する思春期時期に対話の扉を閉ざす親が意外に多い。 親がまず心を開き、子どもがこの時期をうまく乗り越えられるように導かなければならない。 また家族がいない子どもには学校が、「学校の外の青少年」のためには地域社会と政府が、その役割を代わりにする必要がある。 小中高校の在学生より、学校に通っていない10代の自殺率がはるかに高いという。

したがって学校別に相談教師を拡充し、24時間運営される「1388青少年相談電話」もさらに活性化させる必要がある。 相談員が「屋上にいる」という文字メッセージを送った子どもを説得し、自殺を防ぐケースも多いという。 親、教師、相談員の誰か一人でも、苦しむ孤独な子どもに手を差し伸べれば、自殺という極端な選択は十分に予防できるはずだ。
【今日のイチオシ記事】
・中国観光客「日本人よりお金を使うのになぜ無視するの」
・「最高の国」韓国15位、日本9位…ニューズウイーク国家満足度特集
・カラ、アジア女性グループ初のオリコン10位
・韓国のW杯誘致、ロシア・中国の浮上で厳しく
・「2度目の羅老打ち上げ失敗はロシアの責任」…露紙


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP