주요 기사 바로가기

「中国観光客、来すぎても心配」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.08.17 09:30
0
「来すぎても心配です」--。

パク・チャンジンハナツアーインターナショナル中国チーム長の言葉だ。「中国からの観光客を呼びたくても受け入れられない状況です。なぜかというと宿所がないから」法務省がたった1人の中国観光客でも誘致するために中国人に対するビザ発給簡素化措置を電撃発表したのが1日。しかしそれで終わりではなかった。門戸は開放されたが、いざお客を泊める準備ができてないのだ。「中国の連休が大部分で日本と重なります。より高いお金を支払った日本からの観光客がソウルのホテルを占領し、中国観光客は郊外に追い出されるほかないのです」中国専門ガイドのナム・ジンスクさんの説明だ。

6月、韓国を訪ねた中国観光客は15万人。昨年同月に比べ92.9%も増えた。爆発的増加傾向だ。ビザ発給簡素化措置まで加わって今年の目標である160万人を超え、200万人の中国人旅行客が韓国を訪ねるものと韓国観光公社は予測している。しかし業界では歓呼より懸念の声のほうが高い。中国観光客を受け入れるインフラが大きく不足しているのだ。中央日報は旅行業界と政府機関、学界の中国専門家と中国観光客ら57人にインタビューした。

彼らは宿所がなくて迷わなければならない宿泊問題と水準以下のガイド、質の低い食べ物、不当な待遇などを韓国が解決しなければならない4大問題に挙げた。こんな問題解決なしに中国観光客誘致はないというのだ。韓国観光公社の調査によれば昨年、中国人の韓国観光満足度は3.97で平均4.12を大きく下回った。

「台湾とシンガポール観光客はもう韓国でお金を使うことをためらっています。中国人観光客も10年後には韓国で買う物などないと言うでしょう」中国専門ガイドのウィ・ヒョンさんの言葉だ。


【今日のイチオシ記事】
・米国フォーリンポリシー選定…ソウルは世界10大都市に
・「最高の国」フィンランド1位、韓国15位…ニュー妃ウイーク国家満足度特集
・「2度目の羅老打ち上げ失敗はロシアの責任」…露紙
・北朝鮮、無人航空機を西海に実践配備
・アイポッドタッチをアイフォーンに変える機器 中国で登場

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP