주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】危険水位を超えた韓国テレビの扇情性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.08.10 15:01
0
 先日、韓国に久しぶりに出張したが、夜の時間に地上波テレビを見て‘文化的衝撃’を受けた。 まだ10代半ばの女性アイドルグループの少女たちがほとんど胸やお尻が見えるような服装で、いわゆる‘セクシーダンス’を楽しそうに踊っていた。 後輩に尋ねると、「最近はみんなそうだ」という。 他のチャンネルも同じだ。 性行為を連想させる、いや、ほとんどそのまま描写するような動きや過度な露出が普通に放送されていた。 見苦しかった。

日本の1980年代の話をしてみよう。 当時の日本のテレビの扇情性は今の韓国よりもひどかった。 地上波では昼夜に関係なく女性の胸が何ともなく映し出された。 あらゆる低質、扇情的番組が乱舞した。 当時日本にいた私は「11PM」という番組の場面を覚えている。 全国のストリップダンサーを集めて、誰がもっとも色っぽく扇情的な動きを見せるかを競わせた。 また催眠術師が出演者に催眠をかけて、妙な嬌声や性行為を連想させる動作を誘導する番組もあった。 日本社会はこうしたテレビの扇情性に自然に染まっていった。 変態的退廃業者が急増し、‘セックス天国’という汚名もついた。

20年後。 日本にまた来て驚いたのはこうした番組が全く消えていた点だ。 夜中の時間帯に極めて一部の残滓が残っているが、少なくとも0時前、青少年が見る時間帯の番組で扇情性はなくなっていた。 理由は何か。

ある民放の幹部は「2001年に青少年有害社会環境対策法が制定された後、扇情的な場面がテレビに足を踏み入れることができなくなった」と述べた。 激しい反発もあったという。 放送局は数字(視聴率)を確実に稼げる番組をあきらめ難く、反対した。 相当数の成人男性も内心は違うだろうが「表現の自由を奪うな」と抵抗した。 しかし成人男性にもどうすることもできない論理があった。 「あなたの娘、息子がその被害者や加害者になればどうするのか」。

日本だけではない。 2004年スーパーボウル祝賀公演でジャネット・ジャクソンが胸を露出すると、米国の連邦通信委員会はこれを実況中継したという理由だけで、CBSに55万ドル(約6億4000万ウォン)の罰金を科した。 放送の扇情性を裁断するのに米国も仮借はない。

韓国の女性家族部が最近発表した数値に注目する必要がある。 2008年の人口10万人当たりの韓国の性犯罪発生件数は33.4件で、米国の29.3件、日本の6.8件を上回った。 もっと大きな問題は発生件数の増加率だ。 米国は7.9%、日本は20%減ったが、韓国はむしろ18%増えた。 この4年間では69%も増えており、非常に深刻だ。 私は最近の韓国テレビの扇情的で刺激的な露出がこれに大きな影響を及ぼしたと考えている。

根本的な対策が必要だ。 「12歳以上視聴可能」を「15歳以上視聴可能」に変えるような弥縫策ではだめだ。 クルボクチ(蜜のような太もも)、オンチャン(美しいお尻)などの非常識な言葉を量産し、セクシーダンスばかりのテレビには厳しく‘レッドカード’を出すべき時だ。 私たちの娘、息子がそれによる被害者、加害者になる前に。

金玄基(キム・ヒョンギ)東京特派員
【今日のイチオシ記事】
・日本首相「韓国に苦痛、反省と謝罪」朝鮮王室儀軌返還
・<サッカー>韓国でわずか16分出場のメッシ、中国では45分間プレー
・資本市場開放度、韓国は世界12位…日本・台湾より高い
・バスが下から爆撃されたよう…20代女性は足に大けが
・ペ・ヨンジュン「日本の8病院に新生児保育器を寄贈」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP