주요 기사 바로가기

韓国のOECD先行指標、7カ月ぶり下げ止まる

ⓒ 中央日報日本語版2010.08.09 11:16
0
 韓国の経済協力開発機構(OECD)景気先行指数(CLI)の下落が7カ月ぶりに止まった。OECDによると、韓国のCLIは6月103.5で、前月と同じだった。

一方、フランス(-0.5ポイント)、英国(-0.4ポイント)、カナダ・トルコ(-0.3ポイント)など11カ国の前月比CLI指数は下落し、韓国の景気回復傾向が他国に比べて相対的に安定局面に入ったことを示した。

CLIは、産業活動動向、金融・通貨現況、国内総生産(GDP)の流れを複合的に計算して今後4-6カ月後の景気状況を予測するもので、CLIが100以上に上昇すれば景気上昇、下落すれば景気下降を意味する。
【今日のイチオシ記事】
・イカ釣り漁船「デスン号」、東海で北朝鮮に拿捕される
・「城津に向かっている」…北警備艇に拿捕されたデスン号
・金正日総書記「なぜ解任したのか」チャ・スンス北中央放送委員長を復職
・北朝鮮、韓国船員4人捕�えて「対南圧力」か
・北、没収した金剛山ホテルを運営


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP