주요 기사 바로가기

ギャラクシーSアプリケーションの地図では平壌が韓国の首都?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.08.06 13:32
0
5日午後、三星(サムスン)電子京畿水原事業場のメディアソリューションセンター(MSC)は一時、非常事態になった。今夏、販売され国内外で人気の三星スマートフォンギャラクシーSに対して消費者から意見が挙げられたが、アプリケーションの地図上の大韓民国首都が平壌であるかのように見えるという指摘だった。

調べたところ、ギャラクシーSに基本アプリケーション「デイリーブリーフィング」に問題があった。世界主要都市の天気を知らせる衛星地図「平壌」(Pyengyang)は、英語表記まで表示されている一方で「ソウル」(Seoul)は抜け落ち、まるで韓国の首都が平壌だと誤認されるように見えた。

平壌の位置は地図上に正確だったが、ソウルに当たる位置には何の表示もなく誤解を招くというのだ。デイリーブリーフィングは三星電子がギャラクシーSの付加価置を高めるために力を入れたアプリケーションだ。天気・株式情報とニュース、個人スケジュールを1画面に見せて、人気が集まるものと予想されていた。

三星電子関係者は「天気関連コーナーは米国の気象データ専門業者に任せたため、細密な部分の点検が足りない」と話した。「その会社に直ちに修正を要求し、近いうちにアップグレードの過程でユーザー端末機も内容を訂正する」と付け加えた。


【今日のイチオシ記事】
・日本、光復節に合わせて「植民謝罪」するというが…
・アフガン韓国工事現場へのロケット砲攻撃は現地警護会社の自作劇
・70代2人が猛暑で死亡
・政府「リビアとの交渉が進展…スパイ活動の誤解も解消皁
・西海訓練開始…潜水艦とらえる魚雷発射


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP