주요 기사 바로가기

ママたちどうして…日本で児童虐待・遺棄相次ぐ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.08.02 12:26
0
東京の小さなアパートに4人の兄妹と若い母親が引っ越して来る。職場で男ができると、母親はある日少しの生活費を残して消えてしまう。同じ建物に暮らす隣人の関心も受けられなかった4兄妹のうち、末っ子は結局死んでしまう」2004年に公開された日本映画「誰も知らない」のストーリーだ。

この映画の内容に似ている子供遺棄事件が日本の大阪で発生した。先月30日、警察に「隣から悪臭がする」という通報があった。玄関の鍵を壊して家の中に入った警察は中で裸のまま死んでいた幼い兄妹を見つけた。腐敗がかなり進み、警察は子供たちが死んでからひと月以上になったと発表した。家の中は一面ごみと汚物だらけで、食べ物はもちろん飲み水もなかった。飢え死にした桜子ちゃん(3歳・女)楓ちゃん(1歳、男)兄妹の母親、下村早苗容疑者(23)は翌日、警察に逮捕された。

昨年5月に離婚し、1人で子供を育てた母親は警察で「子供たちにご飯をたいてお風呂に入れるのが面倒だった。子供たちがなければいいと思った」と述べた。1月、遊興業店で働き始めた母親は2~3日ずつ家に帰って来ないことがたびたびあった。6月末、最後に家を出た後にはホストバーに出入りしながら1度も子供たちの面倒を見なかった。

誠意のない当局の行政も日本人たちを落胆させた。住民たちは3月末からこの家で変な音が聞こえると大阪市が運営する児童虐待相談所に3回届けた。「昼夜問わずインタホーンから『ママ、ママ』という子供の泣き声が聞こえる」というのだった。市の関係者は4~5回、家を訪問して呼び鈴を押したが人の気配がなかったため帰ったものと確認された。

最近、日本では児童遺棄・虐待事件が絶えない。厚生労働省が集計した昨年の児童虐待相談件数は4万4210件に達した。関連統計を出し始めた1990年以後、最多だった。19年間40倍増えた。

先月末、横浜では1歳の娘がうるさく泣くため、木箱に閉じこめて窒死させた親が逮捕されたほか、久留米市では5歳の娘を洗濯機に入れて回して顔をタオルでぐるぐる巻きにして死させた非情な母親が逮捕された。


【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮から流れてきた‘木箱地雷’が爆発 2人死傷
・韓国人職員が中国人労働者を暴行
・サッカー初の世界3位、彼女たちがつかんだ…U-20W杯
・中国、日本を抜いてGDP世界2位
・安東河回村、慶州良洞村がユネスコ世界遺産に


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP