주요 기사 바로가기

【時視各角】三星電子の不安(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.07.29 18:03
0
 最近の話題の企業は断然アップルだ。 市場の反応は熱い。 アップルの株価は1年間でほぼ2倍に上がり、マイクロソフト(MS)の時価総額を抜いた。 三星(サムスン)電子の2倍の2000億ドルを超えた。 アップルはiPod(アイポッド)-iPhone(アイフォーン)-iPad(アイパッド)と3連続で神話を築いている。 実績だけを見ると三星電子も劣らない。 売上高はアップルの2倍で、営業利益もはるかに多い。 しかし三星電子の株価は横ばいだ。

携帯電話や家電製品で三星電子のハードウエアについてくる企業はほとんど見当たらない。 核心部品の半導体とLCDは世界1位だ。 デザインもどこに出しても遜色のない水準だ。 新製品のギャラクシー(Galaxy)Sはアイフォーンの対抗馬として定着するのに成功した。 しかし市場は依然として冷たい。 ソフトウエアのためだ。 三星電子が核心ソフトウエアなく未来の波に乗ることができるのかという疑問は続いている。 アップルショックもいわば強力なソフトウエア競争力が源泉だ。

三星はアイフォーンのプラットホームiOS、グーグルのアンドロイドがうらやましくてならない。 三星は最近、ソフトウエア人材のスカウトに没頭している。 三星SDSを通して基本ソフト(OS)を開発するTマックスコアも買収した。 しかしため息は続く。 「ソフトウエア人材がゲームとポータルに偏り過ぎている。 OSのような核心ソフトウエアを開発する高級人材は絶滅状態」ということだ。 幸い、ギャラクシーSはグーグルのアンドロイドを無料で利用した。 しかしグーグルの気持ちはいつか変わるかもしれない。 突然、高額の請求書を送ってきたり、すべてのスマートフォンに必ずグーグルを経由させるような出方をするかもしれない。 不安な‘乙’の身分だ。

スマートフォンはまだスタート段階だ。 世界的な企業が注目するスマートTV、スマート自動車も同じだ。 核心ソフトウエアが運命を決定づける。 独自に優れたソフトウエアを保有できなければ不安になるしかない。 三星やLGが一朝一夕に外国企業の部品下請け会社に転落する可能性もある。 もちろんソフトウエアの労働力難は韓国だけの問題ではない。 米国を除いたすべての国が同じ悩みを抱えている。 世界の高級ソフトウエア人材が厚遇を受けて米国に集中したからだ。


【時視各角】三星電子の不安(2)

【今日のイチオシ記事】
・韓国の日本人集団村、観光活性化推進<浦項>
・韓国人と日本人のIQが高い理由
・リビア保安当局「これは韓国との戦い」
・「二次電池を日本企業にも供給」…LG化学副会長
・アンジェリーナ・ジョリー「ブラッド・ピットが私を求める時が一番セクシー」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP