주요 기사 바로가기

ギャラクシーSが販売新記録…33日間で50万台

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.07.27 08:55
0
 三星(サムスン)電子のスマートフォン「ギャラクシー(Galaxy)S」の加入者が約1カ月で50万人を突破した。

この機器で移動通信サービスをするSKテレコムは先月24日、ギャラクシーSの国内販売を開始してから33日目の26日、加入者が50万人を超えたと明らかにした。国内携帯電話の単一品目では最短期間での50万台突破となる。三星電子の「オムニア2」スマートフォンと「ハプティック(HAPTIC)POP」の場合、50万人に達するまでそれぞれ7カ月、8カ月かかっている。

このペースなら国内外の多様な機種を採択しているSKテレコムのスマートフォン加入者数は来月中に200万人を超える見込みだ。ギャラクシーSは販売6日目に10万台、10日目に20万台販売など記録更新を続けてきた。

SKテレコムは報道資料を通して「この勢いが続く場合、9月下旬の秋夕(チュソク、中秋)前に100万台の販売が可能」と期待を表した。ペ・ジュンドン・マーケティング部門長は「ギャラクシーS」の善戦について「機器の品質完成度、‘Tマップ’など差別化された移動通信サービスが好評を受けているため」と説明した。
【今日のイチオシ記事】
・【ニュース分析】韓米「不屈の意志」vs北朝鮮「核報復聖戦」
・国産電気車、平地で時速喂0キロ超…上り坂では力不足
・「天安艦沈没に深く懸念」…ARF声明「北朝鮮糾弾」なし
・「北朝鮮がそんなに良ければ行って暮らせ」高位当局者が卑劣な言葉
・海で空で…史上最大の対北朝鮮‘武力示威’


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP