주요 기사 바로가기

インドネシア政府、チアチア族のハングル導入を公式承認

ⓒ 中央日報日本語版2010.07.26 10:45
0
 インドネシア政府が、バウバウ市に居住するチアチア族のハングル導入を最近、公式的に承認したことが確認された。

バウバウ市長はチアチア族のハングル導入1年を迎えて韓国メディアのインタビューに応じ、「最近、政府が関係省庁会議を行い、チアチア族がハングルをチアチア語の表記文字として使用することを最終承認した」と明らかにした。これは昨年7月21日にバウバウ市現地小学校でチアチア族がハングルの授業を始めて以来1年ぶり。

インドネシア政府がチアチア族のハングル導入を承認することになったのは、少数民族言語が死滅していく状況をこれ以上傍観できないと判断したためだ。

バウバウ市は現在2人しかいないハングル教師だけでは約8万人のチアチア族にハングルを普及させるのは難しいとみて、来月から現職教師30人余りを対象にハングル教師養成プログラムを始めることにした。
【今日のイチオシ記事】
・【ニュース分析】韓米「不屈の意志」vs北朝鮮「核報復聖戦」
・「北朝鮮報復聖戦脅迫は事実上の自殺行為」
・姦通罪廃止、男性間性暴行も強姦罪適用
・「北朝鮮がそんなに良ければ行って暮らせ」高位当局者が卑劣な言葉
・海で空で…史上最大の対北朝鮮‘武力示威’


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP