주요 기사 바로가기

韓相烈牧師「李大統領が天安艦殺人の元凶」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.07.23 10:10
0
 政府の承認なく無断で北朝鮮を訪問した韓相烈(ハン・サンリョル)韓国進歩連帯常任顧問(牧師、60)が先月22日、平壌(ピョンヤン)で李明博(イ・ミョンバク)大統領を露骨に非難し、金正日(キム・ジョンイル)を称賛する記者会見を行ったことが明らかになった。

朝鮮中央通信によると、韓顧問は先月22日、人民文化宮殿で北朝鮮報道機関と平壌駐在特派員を相手に記者会見を行い、「天安(チョンアン)艦沈没事件は李明博式嘘の決定版」とし「6.15共同宣言を破綻させた韓米軍事訓練などで緊張を高めてきた李明博こそが天安艦の犠牲者を出した殺人の元凶だ」と主張した。韓顧問は「この事件は韓米日同盟で自国の主導権を維持しようとする米国と、選挙に利用しようと考えた李明博の合同詐欺劇としか考えられない」と述べた。

韓顧問は「‘将来統一は自由民主主義体制でするのが望ましい’という南側政府の立場は一言で吸収統一をしようという計算」と述べた。また「金正日国防委員長が金大中(キム・デジュン)大統領と空港で熱く手を握り合って抱擁する姿が今でもはっきりと目に焼きついている」とし「南側の同胞は金正日国防委員長の姿勢と豊かなユーモア、知恵と決断力、明るい笑顔に深い印象を受けた」と述べた。韓顧問は「8月15日に板門店を通って帰還する」と明らかにした。

北朝鮮は韓顧問が平壌に到着した先月12日から16日まで計16回にわたる活動記事を報道しながら宣伝に活用している。統一部の当局者は「該当機関が韓氏の北朝鮮訪問行跡について調べ、法に基づいて処罰する」と述べた。

◇韓相烈=全羅北道任実(チョンラブクド・イムシル)出身で、08年5月、「BSE(牛海綿状脳症)危険米国産牛肉輸入に反対する国民対策会議」共同代表を務め、ろうそくデモを主導した。04-07年に「平沢(ピョンテク)米軍基地拡張阻止」デモ、04-05年に「マッカーサー銅像撤去」デモも先頭に立った。韓国進歩連帯は08年9月、全国民族民主連合、民主主義民族統一全国連合、統一連帯など進歩団体が合併して作られた団体。


【今日のイチオシ記事】
・北朝鮮の不法口座100件…米国がすでに凍結措置に着手
・静かに大規模に…金正日資金‘ステルス凍結’
・潘基文総長、ロケット砲攻撃免れる
・三星電子副社長「ギャラクシーSに受信不良問題はない」
・金賢姫氏、ヘリコプターに乗って東京都内を回る

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP