주요 기사 바로가기

日本大使に投石の市民団体代表を拘束・起訴

ⓒ 中央日報日本語版2010.07.21 16:11
0
 中央地検は外国使節暴行などの疑いで会社員K(50)を拘束・起訴したと21日、明らかにした。

Kは7日、ソウル中区(チュング)太平路1街のプレスセンターで外交通商部傘下の民間韓日交流団体である社団法人「韓日未来フォーラム」が主催した特別講演に出席し、重家俊範駐韓日本大使に石を投げた疑い。

検察によると、Kは市民社会団体「ウリマダン」の幹事として活動中、独島(ドクト、日本名・竹島)問題に関する手紙を駐韓日本大使に数回送ったが、返答がなかったため、不満を抱いて犯行を計画したという。

 
Kはポケットの中に準備していた2個の石を取り出して投げ、このうち1個が駐韓日本大使館3等書記官の左手に当たり、全治1週間のけがを負わせた。


【今日のイチオシ記事】
・金賢姫、日本訪問の対価は3000万円?
・康容碩議員「子どものいない処女 朴槿恵はセクシー」
・二次電池市場、日本を抜いて韓国が1位浮上か
・「疃ランド品フレンドリー、韓国が最高」
・iPad、9カ国で追加発売…韓国は除外

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP