주요 기사 바로가기

LG電子、国内初の3Dパソコン発表

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2010.07.20 16:29
0
 3D(3次元)テレビに続いて3Dパソコンも登場した。 LG電子が19日、国内企業では初めて3Dパソコンフルラインアップを発表した。 同社はこの日、ソウル駅前のソウルスクエアで「3Dパソコン新製品発表会」を開き、3D基盤のノートブック・デスクトップパソコンやモニターなど新製品を同時に発表した。 フルHD(超高画質)3D LCDテレビ市場で三星(サムスン)電子にリードを許したLG電子が、3Dパソコン市場の先行獲得に乗り出したのだ。

◇3Dコンテンツを育てる3Dパソコン=3Dパソコンは3Dテレビよりも活用性が高い。 3Dテレビは放送局や映画制作会社が供給する3D映像だけを主に見ることができる。 半面、3Dパソコンは3Dコンテンツを使用者が簡単に制作・編集できる。 3Dパソコンで楽しめるコンテンツが無限大に広がる可能性があり、立体映像産業の発展に大きく寄与すると予想される。

こうした意味を強調するため、LG電子はこの日の発表会で、すべてのプレゼンテーションを国産3Dソフトウエアで進行し、国産3Dオンラインゲームで試演した。LG電子のパク・ヒョンボンPC事業チーム長は「3Dパソコンの出現で特にゲームコンテンツと教育用コンテンツが大きな競争力を持つことになるだろう。医療用などさまざまな3Dパソコンコンテンツも相次いで出てくると予想される」と期待を表した。

◇多様な3Dパソコンラインアップ=LG電子が今回出した3Dノートブック「エックスノートR590、R570シリーズ」は、NCソフトの人気オンラインゲーム「AION」に最適化されたノートブック「AIONエディション」を基盤に開発された。 9月には3Dテレビと連結が可能な3Dノートブック「A510シリーズ」も登場する予定だ。 R590シリーズは、ハイスピードと高容量を要求する3Dゲームの駆動にも無理がない。
【今日のイチオシ記事】
・「韓国スパイなら…」「韓国企業なら…」 米国が警戒心
・イ・スンギ「相手役シン・ミナ、すべての男たちの理想型」
・CBI高級レストラン部門韓国6位
・中国メディア「韓国の巡航ミサイル開発、冷静でない態度」
・「非常に優秀」…米国で好評の「ギャラクシーS」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP