주요 기사 바로가기

米国防総省報道官、韓米連合訓練計画発表で「日本海」と表現

ⓒ 中央日報日本語版2010.07.16 11:39
0
 米国国防総省のジェフ・モレル報道官が韓米連合訓練計画を発表した際、「東海(トンヘ、日本名・日本海)」を「East Sea」でなく「Sea of Japan(日本海)」と表現し、論議を呼んでいる。

モレル米国防総省報道官は14日(現地時間)の定例記者会見で、「韓米外交・国防長官会談(2+2会談)で連合訓練を日本海と黄海(both the Sea of Japan and the Yellow Sea)で同時に実施することが決定されるだろう」と述べた。

これに関し、外交部の関係者は「東海の表記については韓国と米国の間に立場の違いがある」とし「両国が名称について合意するまでは米国は公式に認めている‘Sea of Japan’を使っている」と説明した。

しかし東海表記に関する韓国政府の立場をよく知っている米国政府が、両国間の連合軍事訓練計画を発表しながら「日本海」と表現したのは、韓国政府に対する配慮が不足している、という指摘が提起されている。

これと関連し、外交部の当局者は「今後、東海表記と関連した韓国の立場を周知させていく」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・米国防総省「韓米連合訓練、例年より大規模に」
・中国「韓米連合訓練に決然と反対」…繰り返し表明
・酸素センサー配線欠陥の「YFソナタ」 6000台リコール水準の点検キャンペーン
・日本、「はやぶさ2」開発へ
・国連軍司令部-北朝鮮軍、将官級会談開催に原則合意


最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP